東北地方太平洋沖地震とそれにともなう津波で被害を受けた東北の海で、海洋生態系の調査研究を行う「東北マリンサイエンス拠点形成事業」。プロジェクトの一員として、岩手県大槌町を拠点に三陸沿岸域の調査を行っている”東京大学大気海洋研究所グループ(プロジェグランメーユ)”のウェブサイトです。

地点名(青)をクリックするとその地点の調査状況のページが表示されます。



テーマごとの調査状況は以下↓をクリック

宮古湾久慈湾織笠川山田湾船越湾大槌湾大槌川鵜住居川釜石湾甲子川大槌沖合盛川大船渡湾広田湾気仙沼舞根湾気仙沼湾志津川湾女川湾女川沖合鮫浦湾石巻湾松島浦万石浦
モニタリング  沿岸生態系  物質循環  汚染物質

モデル構築  河川・沿岸の物質循環

混合拡散とモデル化  新青丸
 
大槌町のカモメ
 岩手県大槌町の「町の鳥」はカモメです。町内のマンホールには、「町の花」であるつつじと共に、カモメがデザインされています(写真1)。一口にカモメと言っても、大槌町では8種類のカモメ科鳥...
国際沿岸海洋研究センターの現在
4月末、初めて新しい国際沿岸海洋研究センターの中に入りました。廊下が広くていろいろ使い方に工夫ができそうです(ただ、什器がまだ殆ど入っていない)。宿舎の食堂エリアもしゃれています。エントランス天...