「人工衛星対応型発信機を装着した後、吉里吉里海岸から放流され、
海にもどるアオウミガメ」

研究題目高次捕食者の行動生態

調査地大槌湾周辺海域

テーマ番号(各班の番号)2

研究実施者(氏名・所属)佐藤克文・大気海洋研究所

キーワードバイオロギング

研究内容(目的・方法)
三陸沿岸から沖合にかけての海域に生息するオオミズナギドリ・ウミガメ類・マンボウといった高次捕食動物の行動生態を、バイオロギング手法を用いて震災前から継続してモニタリングしてきました。今後も研究を継続し、津波に因る擾乱に対する高次捕食動物の応答メカニズムや、現場環境にいかに適応しているのか、それぞれの生態を解明します。

参考文献

  • Itsumi Nakamura and Katsufumi Sato. Ontogenetic shift in foraging habit of ocean sunfish Mola mola from dietary and behavioral studies. Marine Biology DOI 10.1007/s00227-014-2416-8  (2014). 
  • Ken Yoda, Kozue Shiomi and Katsufumi Sato. Foraging spots of streaked shearwaters in relation to ocean surface currents as identified using their drift movements. Progress in Oceanography 122: 54-64 (2014). 
  • Takashi Yamamoto, Akinori Takahashi, Katsufumi Sato, Nariko Oka, Maki Yamamoto and Philip N. Trathan. Individual consistency in migratory behaviour of a pelagic seabird. Behaviour 151: 683-701 (2014). 
  • Tomoko Narazaki, Katsufumi Sato, Kyler J. Abernathy, Greg J. Marshall and Nobuyuki Miyazaki. Loggerhead turtles (Caretta caretta) use vision to forage on gelatinous prey in mid-water. PLoS ONE 8: e66043 (2013).