研究題目巨大津波による三陸沿岸生態系の擾乱とその回復過程に関する研究

調査地釜石湾、大槌湾およびその東方海域、女川湾およびその東方海域

テーマ番号(各班の番号)総括

研究実施者(氏名・所属)木暮一啓・清家弘治・福田秀樹・伊知地稔・朴相和(東京大学大気海洋研究所)

キーワード新青丸航海 定点観測 海洋生物

研究内容(目的・方法)
2011年3月の地震と津波が東北海洋生態系に及ぼした影響とそこからの回復過程を長期的に調べることを目的に、東北マリンサイエンス拠点形成事業の一環として、学術研究船新青丸を用いて年4回の航海を実施しています。釜石湾、大槌湾およびその東方の定点、女川湾およびその東方の定点にてCTDによる観測と採水、マルチプルコアラーによる採泥、ノルパックネットによる動植物プランクトンの採集などを行っています。

参考文献
本航海で取得されたCTDデータは、PGMサイト及びデータベースリアスで公開されている。